数字でみる「台風」その2-番号と名前のつけ方

数字でみる台風-2

台風第2弾。

今回は番号の付け方や命名について。
台風の定義などを知りたい人は👇よりどうぞ。

数字でみる台風-1 数字でみる「台風」その1-定義・勢力分類・統計値

台風の番号

台風第〇〇号とは?

これはニュースなどで一番よく聞く呼称だと思う。

気象庁によると、毎年1月1日以後、最も早く発生した台風を第1号とし、以後台風の発生順に番号をつけているという。
なお、一度発生した台風が衰えて「熱帯低気圧」になった後で再び発達して台風になった場合は同じ番号を付ける。
また、翌年1月1日以降に発生した台風については、前年の12月31日までに発生した台風がまだ残っている場合でも1号からの付番にリセットして付けることになっている。

Point:台風〇〇号とは?

その年の最も早く発生した台風が第1号。
以降発生順に番号をつける。

台風番号(天気図で用いる)

天気図等においては西暦年の下2桁と組み合わせて表記する。

【例】

  • 1985年(昭和60年)に発生した10番目の台風:8510
  • 2001年(平成年)に最初に発生した台風:0001
Point:台風番号

天気図等で用いられ、発生年の西暦下2桁とその年の発生番号を組み合わせた4桁で示される。

台風の名前

台風の名前についてもいろいろある。

英語名(by アメリカ)【~1999年】

アメリカ合衆国ではハリケーンの名称として英語圏の男女の人名リストを用いるが、北西太平洋領域に発生する台風にも1999年まではアメリカ軍の合同台風警報センターによる英語名が国際的名称として付けられていた
日本でも終戦直後から1953年の台風2号(Judy)までこの英語名を利用していたが、それ以降は国内向け台風情報には番号方式(台風第〇〇号)を使うようになった。

1999年(台風番号9922)までの英語名は、英語名称は気象庁のHPで確認できる。

参考:過去の台風の番号と名前の対応表(1951年から1999年まで) | 気象庁

アジア名(by 台風委員会)【2000年~】

2000年以降は、台風委員会によって定められたアジア名が台風の正式名称として使用される。

台風委員会は世界気象機関(WMO)熱帯低気圧プログラムに属する、台風防災に関する政府間組織で日本を含むアジア・太平洋14か国・地域の気象機関で構成される。

14ヶ国(地域)が、それぞれ10の名前を持ち寄り、合計140の名前リストが作成されている。
2000年の台風第1号にカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」の名前が付けられ、以後、発生順に140個の名前を順番に用いて、その後再び「ダムレイ」に戻る。
台風の年間発生数の平年値は25.6個なので、おおむね5年間で台風の名前が一巡することになる。

  • 名前は個人名に限らず、大部分は花、動物、鳥、木、食べ物などで構成される。
  • 名前の順序はアルファベット順ではなく、台風名を提案した国のアルファベット順に並んでいる。
  • 日本が出した名称10個は星座の名前(Tembin, Yagi, Usagi, Kajiki, Kammuri, Kujira, Koguma, Kompasu, Tokage, Hato)
参考:台風のアジア名一覧:台風の番号の付け方と命名の方法 | 気象庁

ちなみに、直近の2018年台風12号は、リストNo.17の「Jongdari(ジョンダリ)」である。
この台風で、2000年以降の累計は445なので、3巡目が追わり4巡目のNo.25となるはずだ(445 -140*3 =25)が、計算が合わない。

実は、ハリケーンが東経180度線に達して台風と呼ばれるようになった場合、その台風には新しいアジア名を与えず、ハリケーンの名前をそのまま使うという決まりがあるため、厳密には一致しない。

計算によると、これまでに8つ(25-17)の、ハリケーンから台風に名称が変わった熱帯低気圧があるということになる。

Point:台風の名称

1999年までは、アメリカによる命名。
2000年以降は、140個の「アジア名」リストを使う。

台風名の引退

前述のように、基本的にはアジア名は繰り返し使用されるが、顕著な被害をもたらした台風については同じ名前を二度と使用しないように、リストの名称を変更できる制度がある。
これは、1999年まで使われたアメリカ名における慣例を、アジア名においても受け継いだかたち。

気象庁が命名した台風

特に災害の大きかったものについては上陸地点などの名前を付けて呼ぶこともある。
戦後、気象庁によって命名された台風は以下の8つ。

気象庁命名名称国際名
洞爺丸台風昭和29年台風第15号Marie1954年
狩野川台風昭和33年台風第22号Ida1958年
宮古島台風昭和34年台風第14号Sarah1959年
伊勢湾台風昭和34年台風第15号Vera1959年
第2室戸台風昭和36年台風第18号Nancy1961年
第2宮古島台風昭和41年台風第18号Cora1966年
第3宮古島台風昭和43年台風第16号Della1968年
沖永良部台風昭和52年台風第9号Babe1977年

【まとめ】日本での台風の呼称

最後に、日本での台風の呼ばれ方まとめ。

※気象庁の台風に関する統計は1951年以降

以上。

台風編はもう少し続く。
次回は、防災の観点から台風の被害などについてまとめてみる。

数字でみる台風-3 数字でみる「台風」その3-台風の被害ランキング(死者数、被害総額、住宅被害)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です